合資会社金井書店【東京都公安委員会・古物商許可 301049602625】

 

会社案内      

                                                                                               2010年8月1日現在

 1 会社名 

     合資会社 金井書店
        (ごうしがいしゃ かないしょてん) 

 2 所在地

    東京都新宿区下落合3丁目20番2号   郵便番号 161−0033

    TEL 03−3951−2888    FAX 03−3953−2732

 3 役員氏名

    代 表 社 員   花 井 敏 夫    (無限責任社員)
    無限責任社員  花 井 正 江
       有限責任社員  花 井 慶 子

 4 設立年月日

    昭和23年9月30日 (創業 昭和4年6月)

 5 事業内容

    @ 古物書籍の売買
   A 書画、版画及び骨董品の売買
   B 書籍雑誌及び印刷物の出版及び印刷
   C レコ−ド、ビデオ、コンパクトディスクの売買
   D 日用品雑貨の販売
   E 不動産の賃貸及び売買
   F 展示会、文化セミナ−、音楽会の企画運営及び斡旋
   G 上記各号に付帯する一切の業務

 6 資本金

    5,000万円

 7 年商

    1.06億円(2010年6月期)/1.10億円(2009年6月期)/1.11億円(2008年6月期)/
         1.56億円(2007年6月期)/1.35億円(2006年6月期)/1.62億円(2005年6月期)/1.59億円(2004年6月期)/
     1.63億円(2003年6月期)/1.9億円(2002年6月期)/
1.7億円(2001年6月期)/2.3億円(1999年6月期)

 8 従業員数

    正社員1名 契約社員1名(うち女2名)
   アルバイト 長期5名(うち女5名)

 9 主な取引先

    個人、公私立図書館、大学、美術館、郷土資料館、東京古書籍商業協同組合、全国古書籍商組合連合会   

10 主な仕入先

     個人、東京古書籍商業協同組合、全国古書籍商組合連合会、全国各古書店

11 営業所

    目白本社
                  東京都新宿区下落合3丁目20番2号   〒161−0033

         TEL 03−3951−2888    FAX 03−3953−2732

                    E-mail:  mejiro@kanaishoten.jp

         営業時間 現在お休みさせて戴いております。ご了承ください。

         店舗面積 10坪

         JR山手線目白駅 徒歩5分

   

    八重洲古書館
         東京都中央区八重洲2丁目1番 八重洲地下街 〒104−0028

         TEL&FAX 03−3272−2888

                        E-mail: koshokan@kosho.co.jp 

         営業時間 10:00〜20:00 元旦のみ休業

         店舗面積 20坪

         JR東京駅八重洲中央口 徒歩3分
         営団地下鉄 銀座線・東西線日本橋駅 徒歩5分
         営団地下鉄 銀座線京橋駅 徒歩5分

    R.S.Books

         東京都中央区八重洲2丁目1番 八重洲地下街 〒104−0028

                    TEL&FAX 03−5204−2888

         E−mail: info@rsbooks.jp

         営業時間 10:00〜20:00  元旦のみ休業

         店舗面積 10坪

         JR東京駅八重洲中央口・八重洲北口 徒歩3分
         営団地下鉄 銀座線・東西線日本橋駅 徒歩5分
         営団地下鉄 銀座線京橋駅 徒歩7分

 

    

         営業本部 東京都新宿区中落合4丁目21番16号   〒161−0032

         TEL 03−5996−2888     FAX 03−3953−7851

                    E-mail:  office@kosho.co.jp

         西武新宿線 中井駅 徒歩7分
         都営大江戸線 中井駅徒歩8分 落合南長崎駅 徒歩8分
          営団東西線 落合駅 徒歩12分

12 インターネットホームページ

    http://www.kosho.co.jp

   金井書店グループ http://www.kanaishoten.jp <金井書店総合案内>

   古本蔵 ネット通販 http://www.e-kosho.jp   <古書の通信販売サイト>

       R.S.Books Circle   http://www.rsbooks.jp    <古書仲間のサイト>

13 取引金融機関

    りそな銀行池袋支店

   りそな銀行東京中央支店

      三井住友銀行高田馬場支店

   日本政策金融公庫新宿支店

14 会社の沿革

 当社は1929年(昭和4年)、目白本店の現在地にて古書店として営業を始め、書籍・各種資料を取り扱い、時には、珍しい書籍や貴重な資料を掘り出し提供してきました。目白店を中心に、お客様から買い取りました本、市場から仕入れました本を、店頭のみならず、展示即売会に出品して販売しております。この展示即売会は、千代田区神田小川町にあります東京古書会館における「ぐろりや会」、新宿伊勢丹における「伊勢丹大古本市」等があります。

 現在では環境の変化にともない撤退しましたが、1975年頃からは、スーパーダイエーにて出張販売を積極的に展開し、業績を飛躍的に伸ばしました。この実績のもとに、1983年11月には目白店を新しくし、美術・歴史・郷土史・趣味関係を中心とする古書の専門店としました。引き続き、1983年12月末には東京駅八重洲大地下街に八重洲店を開設しました。この八重洲地下街を選定するに当たっては、流動人口の多いこと、ハイクラスな街であること、交通の便の良いことを条件としております。

 1994年8月には将来のメイン店舗となる「八重洲古書館」を都心部としては大型である40坪の面積で開設しました。古書店として本格的な商いができる拠点を確保し、将来安定した経営ができることを願い、業績を軌道に乗せるべく努力しているところです。

 目白店・八重洲店・八重洲古書館の3店を結び、総合的な対応ができるよう、「金井書店古書目録」によるカタログ通信販売にも力を入れて、年1〜2回総合目録を発行しております。このカタログも1980年創刊以来不定期に、1989年以降は毎年発行し、26号を数えております。

 1996年初頭からは、『蒐カード』『金井書店八重洲店ポイントカード』『八重洲古書館ポイントカド』の発行を開始しました。蒐カードは、カタログのお客様の確保とサービスのために、ポイントカードは、八重洲エリアの仕入強化と顧客サービスのために開始したものです。3種合計のカード会員数は2200名を越えております。2001年4月よりカードシステムを変更し、『KANAISHOTEN GROUP Menber's Card』を発行して、三ヶ月毎のお買上金額に応じて次の期間の値引率が変わるシステムになりました。現在の会員数は約2600名です。

1996年11月には、八重洲店を拡張改装し、店頭販売部門を更に充実させ、将来の安定した商いが出来るようステップアップしました。これで、八重洲エリアには2店舗合計55坪の売場が確保できたことになります。

2001年3月に新企画店舗「R.S.Books」開店準備のため、18年目を迎えた金井書店八重洲店を閉店しました。4月から、ゆったりとした空間と、選りすぐりの書物を用意して、時代を刻んだものとの素敵な出逢いをお愉しみいただく、新しい形のブックショップ「R.S.Books」 を開店致しました。八重洲エリアは2店舗合計60坪の売場が確保できたことになります。

15 主な仕事

 古書店・古本屋と言っても大変幅の広い商売です。古くは聖徳太子の時代の写本から、印刷物としては 奈良朝時代の百萬塔陀羅尼から始まり今日の出版物まで全てが含まれるのです。私どもは、この大変長い 歴史空間の中から、主に明治から今日までに残されたものを扱っています。これらの書物を整理して、それぞれの性格に合わせて、目白店・八重洲古書館・R.S.Books・即売会・カタログへと分けて商いをしております。

 目白店は、美術、趣味、郷土史、歴史を主に扱い、カタログによる通信販売、展示即売会での販売を主にしています。八重洲古書館は、目白店 の拡大版として、マニアの方にも充分お楽しみいただけるような内容で古書全般を取り扱い店頭販売を主にしています。R.S.Booksは、文庫、実用書、雑誌、マンガ、写真関係、趣味の本を主に扱い、店頭販売を主にしています。

 目白店では、販売と言うよりも、販売するための準備に手をかけます。仕入れた本を商品に仕立てること、カタログを発行するために、原稿作成、印刷の校正、受注、発送等をすること、即売会のための値札つけ等が主な仕事です。

 八重洲古書館では平日250〜350名の、R.S.Booksでは平日120〜200名の、お客様にお買い上げ戴いております。商品陳列、整理、値つけ、接客、レジ管理、買い取りが主な仕事です。

営業本部は以上の3店を統括し、総合的な業務を行っております。商品の仕入れ・整理・品出し、カタログ制作のメイン作業・受注・発送、経理、人事管理等全社の総合本部です。

 八重洲古書館・R.S.Booksでは従来の「古書店」とは違う爽やかな雰囲気を大切にしております。文庫本の一冊にもカバ−を掛け、笑顔とともにお客様に手渡しております。今日の小売業は物を売るだけではなく、その物にプラスαの附加価値がある方が良いし、人と人とのふれ合いを大切にして、ものではない心温まるものがあれば、お客様にもきっと喜んでもらえると思うのです。それらを現実のものにするのは女性のエネルギーがあると善いと思います。ですから、八重洲店は1983年開店以来R.S.Booksになっても、八重洲古書館は1994年開店以来 、ともに女性中心に運営しております。

16 運営方針

 古書店として、書物を大切にし、価値ある書物を堀だし、提供して行くことが使命だと考えます。古書店は、全国に約3000店ありますが、取り扱う書籍の種類により、販売方法により、規模によりさまざまな形態を取っております。当社は創業以来73年目を迎えることができ、信頼とともに全国の愛書家の皆様にご利用戴ける書店に、そして、美術書に力を入れた書店に成長してきました。

 現在、販売面では3本柱があります。その一「金井書店古書目録」、その二「即売展」、その三「八重洲古書館・R.S.Books」です。古書目録はいわゆる通信販売です。即売展は他の古書店と共同でカタログを発行し、東京古書会館・デパート等の会場で展示販売するものです。八重洲古書館 ・R.S.Booksは店頭販売に重点をおいたものです。この3本柱について、もう少し説明いたしましょう。

 「金井書店古書目録」。このカタログは、全国の当社の顧客に発送し、お買い上げ戴いています。第1号は1980年にB5判、本文28頁1000点掲載で発行しました。第2号は1986年1月にA4変形判横綴、本文32頁写真版入300点掲載で発行しました。この時は、八重洲地下街で展示即売会を開催しました。第3号は1986年12月に、第4号は1988年2月に、第5号は1988年6月に、A4変形判横綴、本文50頁写真版入1500点で発行しました。ここまでは、ウォーミングアップ期であり試行錯誤した時期でありますが、この後は文庫判に変更し、約250頁写真版入、3000点掲載のカタログになりました。その第6号は1989年1月に発行しました。 20号台になりますと、約5000点の掲載、売価合計約1億円と成長しております。
 

参考<発行年次>第7号=1989年6月、第8号=1990年5月、第9号=1991年1月、第10号=1991年7月、第11号=1992年6月、第12号=1993年2月、第13号=1994年12月、第14号=1995年3月、第15号=1995年11月。第16号=1996年4月、第17号1996年12月、第18号=1997年6月、第19号=1997年11月、第20号=1998年4月、第21号=1998年11月、第22号=1999年4月、第23号=1999年11月、第24号=2000年4月、 第25号=2000年11月、第26号=2001年4月、第27号(2003年新春号)=2003年1月

 販売目録ですから、内容が大切で、売上に一番影響いたします。と、同時に重要視していることは、他店との差別化です。それは、事務的なカタログでなく、視覚的にも美しく、見やすく、お洒落で、保存し易いカタログをお届けすることです。そのひとつの到達点が、文庫判です。当社が意図したことが多くの方々に認められ、マスコミにも何度か取り上げられ、大変好評です。今後は、美術関係と東京郷土誌関係(文学も含め)を中心に充実させ、年2回の定期発行することが目標です。
 しかし、近年は、紙媒体のカタログと共に、インターネットを利用した通信販売が活用されるようになり、「金井書店古書目録」の販売効率は下がっております。現在、効率アップの方策を模索中です。

 将来的には、肉筆類、珍しい書物を写真版で紹介する「金井書店古書図録」の発行が予定されています。

 「即売展」。他の古書店と共同で展示即売をする事は昭和20年代から行われております。「趣味の古書会」(1994年7月で退会)「ぐろりや会」(2002年5月退会)は神田駿河台下にあります東京古書会館で隔月行われています。「東武大古書展」は池袋東武百貨店で年1回秋に行われていました(1993年終了)。「伊勢丹大古本市」は新宿伊勢丹で年2回春夏に行われていましたが、1996年より夏のみの開催、1997年より夏冬の開催となりました。近年は動員力が大きく、会期中、会場は熱気に包まれます。規模の大小はともかく、事前にカタログを発行しお客様にご案内しています。共同で行うことにより、お客様にはスケールメリットが生まれ、各店を廻るよりも、一度に沢山の書物を探すことが出来ます。沢山のお客様に来て戴くことが出来るので、効率よく売ることが出来るのです。又、当社にとって、新規のお客様を取り入れるためにも、生の情報を得るにも重要なものです。

 「八重洲店」「八重洲古書館」。1983年12月に開店しました。東京駅八重洲口の地下に広がる「八重洲地下街」の中にあります。小さな古書店が大きなショッピングセンターの中で営業していることは稀なことです。当時、とにかく人通りの多いところに出店し、店頭販売に向く立地を探しましたが、「古本屋」と言うと、相手にしてくれないのです。新宿地区をはじめとして、あちらこちらで。そのような状況の中で、7坪ではありますが、八重洲地下街に出店することが出来ました。折角、出店できたのだから、他店に迷惑のかからないように、一人でも多くのお客様にご利用戴けるようにと努力してきました。古本屋の暗い雰囲気を排除するためにも、販売員は女性が担当し、カバー、しおり等新刊書店と同等のサービスをしております。1996年11月、2倍の15坪に拡張改装してからはお陰様で、平日のお昼時はラッシュアワー並の人の入りで活気があります。

 しかし、八重洲地区の立地を生かした商いはこれだけでは充分ではありません。八重洲ブックセンター、丸善の大型書店があり、地方からの足の便が善く、普段でも週に100万人の出入りがある街なのですから、もっともっと成長できる筈なのです。そのためには、もう少し広い面積で、書物の数も増やして、商品構成も工夫して、落ち着ける店舗にする事が必要と考えておりました。その結論が「八重洲古書館」です。この八重洲古書館は、新規の顧客を獲得することを最大のテーマとし、20歳代、特に女性に喜ばれるような、綺麗で、明るく、入りやすい店を創り、珍しい本も有れば、楽しい本、安い本も買える店、「楽しむ」をキーワードとする、幅広い客層に応えられる店、古書店未体験者が利用しやすい店舗として展開しております。価値ある書物を扱う顔と廉価販売する顔の両面を持つ、総合的な古書店であり、且つ、古書の世界への入口的な機能を持たせております。

Ka-6.jpg (48784 バイト) 何れの場合でも、大切なのは、そこに携わる“人”なのです。ものは豊富にあります。同じものを求めるならば、心の通うところで買い物すると思うのです。マニュアルに従った挨拶「ありがとうございました。」でなく、相手に応じた挨拶が出来た方がよいと思うのです。美味しいものは美味しいと、好きなことは好きと、嫌なものは嫌と、言えることが素晴らしいと思うのです。自分の感情が豊で、聞いて、見て、触れて、いろいろなことにチャレンジする、それらが大切だと思います。そんなことが、理解できる人たちで、一緒に仕事して行きたいと考えています。

 古書店は販売面以上に、仕入が強くなければ成りません。善い書物があれば必ず売れて行きます。その善い書物を如何に集めるかが大切なのです。その最大の仕入れ先は、個人のお客様なのです。普段お買い上げ戴いているお客様だけでなく、まだお逢いしたことの無い方からも、本を買い取るのです。無駄も多いのですが、埋もれているものを掘り出すことが必要なのです。時には、宝物のようなものが出てきますが、その時の感動は格別なものです。そうして引き取った書物の中から、商品として生かして行くのです。問屋のある商売とは違いますから、お客様から仕入れることに重点をおいて行きます。

古書店は、大変効率の悪い営業です。粗利益率を高くすることにより採算が一応とれるのです。大きく飛躍することは考えておりませんが、地味に成長して行きたいと考えております。奥深い書物の世界に触れながら、日本の文化を大切にしながら、仕事が続けられれば良いと考えております。

 現在、具体的な計画はありませんが、書物を扱いながら、視覚的に、音楽的にと広がりを持たせたいと考えております。その現れとして、定款にも盛り込まれております。どの様に広がるかは、これから加わるスタッフ次第であると思います。

 

【 3R】は、店名の違う各店舗をつなげる役目を持っています。共通するポリシー<RETRO REVALUE RECYCLE>を明確にし、色々な本がたくさん蓄えられている所、再流通していることを表しています。ポスター、チラシ等の販促活動に使用しています。

 

17 主な販促活動

 店舗販売を重点とする八重洲エリアでは、既存の古書店にない立地条件のもと、様々なお客様に対応するために、色々な販促活動を実施しています。商店街の実施する販促活動とも関連させながら工夫をしております。

☆インターネットホームページ
 1997年8月より、東京古書組合のインターネットホームページに金井書店のページを開設し、会社・店舗・各種カード・求人の各案内、特典情報を掲載しました。1997年12月には、[kosho.co.jp]の独自ドメインネームを取得、八重洲古書館にOCNインターネットサーバーを設置して、古書組合に掲出しているホームページと相互補完させながら、本格的に広報宣伝活動に入りました。ドメインネーム取得に当たっては、出来るだけ短いネームで、金井書店が明確に示すことが出来る[kanai.co.jp]を希望したのですが、既に使用されており、当社が使用することが不可能でした。長いネームを避け、古書店であることが明確で覚えやすく、古書組合のホームページと協力体制がとれる、[kosho.co.jp]を取得しました。古書組合は団体ですから、[or.jp]です。当社は法人ですから、[co.jp]です。[or]と[co]の違いだけです。古書組合と類似のドメインネームが、非友好的に利用されないようにとの配慮と、実績のある類似ネームを活用する意図がありました。

 今後のホームページでは、最新情報を速やかに更新して行くこと、商品在庫情報を充実させること、お客様との交流の場として活用していくことがポイントになります。役立つ、愉しい情報を提供できるよう頑張ります。

☆カバー・栞サービス
 お買上と同時に、カバーをかけ、栞を入れて、何時・何処でも読書がお楽しみいただけるよう心がけております。

☆新春お年玉抽選会
 1997年より開始した、1月2日より15日までの八重洲エリアの抽選会。お買上二千円以上で抽選が1回出来、空くじ無し、五千円相当の辞書、暦等が景品として用意されています。

☆企画展示・金井書店八重洲店&八重洲古書館

☆『えぽっく』の発行

**********************
<終了しました主な販売促進活動>

☆蒐カード  ≪申し訳ございませんが、2001年にて終了させて戴きますので、新規募集は終了いたしました。≫
 1995年11月より募集開始、1996年新春より運用を開始した、通信販売のお客様向けのメンバーズカードです。

 有効期間を1月から12月までの1年間として、年会費千円で加入できます。特典として、金井書店古書目録の送付、目録又はインターネットホームページよりお買上の時送料サービスいたします。ご優待販売のご案内、海外旅行が当たる八重洲地下街の抽選ハガキの送付等もあります。

☆ポイントカード≪申し訳ございませんが、2001年3月末にて終了いたしました≫
 1995年末より募集を開始、1996年新春より運用を開始した、八重洲エリアで利用できるポイントカードです。

☆Kanai Shoten Group メンバーズカード
 20014月よりスタート。八重洲エリアの店舗で使えるメンバーズカードです。お売りいただいた金額とお買いあげいただいた金額を3ヶ月毎に計算し、累計額から次の3ヶ月間のご優待ランクを決定いたします。

☆古書インターネットサーフィン
 1997年12月より、八重洲古書館にインターネット閲覧用マシンを2台設置して、古書古本に関わるインターネット情報をご自由に閲覧していただく「古書インターネットサーフィンコーナー」を開設しました。OCN回線を利用して、常時ネットワークに接続、常に快適なネットサーフィンが出来るようにしました。勿論、ご利用は無料です。古書業界の中でもこの様なサービスをしているところはまだ見られないようです。

 インターネットが普及し、古書の情報が充実して実用的になりましたので、皆様にご利用いただくことにしたのです。金井書店の各種情報は勿論のこと、インターネットに掲載された日本中の古書店の情報を得ることが出来ます。新刊書店の情報も得られますので、ここに来れば、情報収集が出来るのです。

☆古書目録閲覧コーナー
 多くの古書店が古書目録を発行しています。発行部数に限りがあり、手にしたことのないカタログも多々あることと思われます。目録(カタログ)により、古書情報を提供しようとするコーナーです。勿論、ご希望の本が見つかれば、其のお店に御注文いただいて結構です。お客様にも、ご賛同いただいている古書店様にもご好評なコーナーです。

☆モーニングサービス
 1997年10月より開始したサービスで、八重洲店と八重洲古書館の2店舗では、午前11時迄のお買上品は10%OFFとしています。但し、取り置き品、ご注文品、特別価格セール品、サービス品は対象外です

☆マンスリープレゼント
 1998年11月より開始したサービスで、お買上の際お渡しするレシートのナンバーで、毎月500円値引き券が当たるものです。翌月1日に発表され、10日までに引き替えることとなっています。月初めには、当選発表を確認しに来るお客様も多く見受けられます。

☆バーゲンセール
 八重洲店と八重洲古書館にて、新春と決算期末の年二回実施されるバーゲンセールで、チラシを配布し、全集、高額商品等が10〜50%OFFで販売されます。

 


金井書店グループ店舗案内   |   金井書店グループ通信販売   |   R.S.Books Circle 

金井書店 | 会社案内   |   プレスリリース  |   花井敏夫 | 求人情報<販売スタッフ・アルバイトからのスタートです> (何でも屋の総合職募集中)

「訪問販売等に関する法律」による表示   | 東京都公安員会古物商URL届出一覧 | 都道府県公安委員会リンク集

 便利なリンク集

日本語ドメインでアクセス![日本語ドメイン名プラグインダウンロード] Internet Explorer ならプラグインをインストール
<金井書店.jp> <八重洲古書館.jp> でお試しください。


合資会社金井書店【東京都公安委員会・古物商許可 301049602625】東京都新宿区下落合3-20-2

当サイトへのお問い合わせ 金井書店グループ営業本部 E-mail office@kosho.co.jp
〒161-0032 東京都新宿区中落合4-21-16 TEL 03-5996-2888 FAX 03-3953-7851

本ページは、金井書店に著作権があります。許可無く転載、複製することはお断りいたします。